愚痴を言わない【やりたいことに全力集中】

どうも、ちょんすけです。

今回は私が数年前から心がけていること、「愚痴を言わない」ということについてお話します。
私はもともと正反対のタイプの人間でベラベラと愚痴るタイプの人間でした。
お酒が入るとエスカレートしちゃったり。
落ち着くと、なんだか空しくなったりするんですよねぇ。

無意識についつい出ちゃう愚痴。
なかなか急にはやめられない。
私は以下の3点を意識して言わないように努力しました。

  • 解決にならない
  • 聞いてて面白くない
  • もったいない

解決にならない

大半の愚痴る人は自分以外のことに対して言っていると思います。
「あの人が〇〇すれば…」「環境が良ければ…」などなど
自分がやらなくていいという理由を正当化して行動しない。
行動しないから解決しない。
そしてまたイライラして愚痴を言う。

負の連鎖、悪循環。

万年愚痴る人は無意識でこのパターンにはまっているのでは。

聞いてて面白くない

「愚痴を言うことでスッキリする」
「ガス抜きになる」

あたかもメリットのように聞こえますが、はたして聞いてる側はどうでしょうか。

私も聞くことで相手のためになるのではと聞き上手になれるよう努力しましたが、しゃべり手が話し上手でなければただただ苦痛でしかない。
特に思う、飲み会での愚痴。
お金を払ってなんで嫌な思いをしなきゃいけないんだ(; ・`д・´)
しかし、立場が変わったら自分も誰かに同じ思いをさせてるのでは?

愚痴る人を回避し、自分も愚痴を言わない。

これができるようになってからイライラが激減した気がします。

もったいない

生きていくためにご飯を食べて活動できるエネルギーを蓄える。
それを愚痴というマイナスな要因に使ってしまう。
そして誰も得をしない。

非常ににシンプルですが、なんともったいない。

あー、もったいない。

人間だれしも毎日楽しく過ごしたいはず。
何気なく食事をする中でちょっとだけ意識してみませんか。
愚痴るためにご飯を食べるってアホらしいでしょ。

まとめ

以上3点を述べましたが、私もまだまだ完ぺきではありません。
うっかり出ちゃうんですよね、たまに(;’∀’)

でも振り返ってみると私にとって、このマインドチェンジは本当に良かった。
言わないように意識することで思考を有意義に使えている気がします。
イライラすることが減り、人間関係で悩むことも激減。
やりたいことに集中できようになりました。

心当たりがある方、始めてみませんか。

「愚痴を言わない」生き方。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。